コンセプト
     


「きれいな発音で、流ちょうに話したい」が、英語学習を始めるどの人にもいえる共通の願望だと思います。


しかし、大切な 「正しい発音」や「流ちょうな会話力」の育成を重視して指導している英会話学校はほとんどなく、 安易な表現学習から英会話学習が始まります。そして、日本語の発音で英語を話す会話学習が当たり前のように進んでいくにつれて、 自分の英語が通じない、相手の英語が聞き取れない、速く話せない、話すときに自信がないなど、 どの人にも共通の苦労が始まるのです。仕事で英語を使う場合、これは致命的で経済的にも時間的にも大きな損失です。 また、TOEIC TEST で英語が聞き取れない、なかなか思うように点数があがらないなどもどかしい経験をするのです。

効果的な英会話学習の方向性

まず発音は、英語を学ぶ上で最も大切な学習要素です。 「正しい発音」は、「流ちょう に話す」ことやスムーズに「英語表現を吸収していく」土台となります。 英語の発音はネイティヴに習えば大丈夫なら、通じない英語、リスニング問題、カタカナ英語の問題は存在しないはずです。 発音矯正はネイティヴなら出来るという世界ではなく、日本語と英語の違いを熟知し、さらに専門の知識と技術が必要です。 「正しい発音の知識と技術」の欠如した英語学習は、羅針盤のない船で航海に出るのと同じむなしい結果に終わります。

もう一つ大切なこと。それは「流ちょうに」、「自信を持って話せているか」ということです。現在、英語を習っている方で、 「今習っている英語レベルなら流ちょうに話せる」と言える人がどれほどいるでしょうか。 ほとんどの人がスムーズに話せない、自信がないと感じています。そして、流ちょうに話せるのは帰国子女とか、 もっと高い英語レベルの人達で、自分のレベルではムリなのが当然と考えています。
でも、本当はそうではありません。本当の語学教育は、どのレベルでも習った学習範囲内では「流ちょう」に話せて当然なはずです。 たとえ低い英語力でも、そのレベルの範囲で「きれいな発音」で「流ちょうに話せる」ことはとても楽しく、また快感です。

E-wave では、この「正しい発音」と「流ちょうさ」、そしてトータルな基礎会話力を達成するために次のカリキュラムを提供しています。

E-waveの3つからなる「基礎会話トレーニング」

1,発音矯正 単語編 ( SOUND SEMINAR )

「カタカナ英語」と決別できる、発音の知識と技術
発音の仕組み(コツ)も理解出来る、自信をもって正しく発音出来るトレーニング主体の授業。 20時間前後ですべての発音矯正が完成するこの単語編の生徒の方々の成果をこちらの頁で確認することが出来ます。 もし、あなたの英語学習がこのレベルのきれいな発音からスタートするのを想像すると、楽しくなりませんか?

2,発音矯正 文章編 ( BASIC FLUENT PRACTICE )

正しい発音を文章でも崩さずに、「流ちょうに話せる」トレーニング

英語はあなたが正しく発音出来る、文章を流ちょうに話せるようになると同時に相手の英語がしっかり聞こえ、 理解出来るようになります。逆に、あなたが発音出来ない単語、正しく話せない文章は聞こえてきません。これはリスニングの鉄則です。 この文章編トレーニングを体験すると、単語編で習った正しい発音を崩さず、文章を速く話すことが出来、 また日本語に訳さず、英語で考え即答しているご自分を発見することが出来ます。

3,時制会話トレーニング ( G-TENCE )

それぞれの時制を理解し、正しい時制で瞬時に応答できるトレーニング

日本語感覚では分かりにくい過去、現在完了や過去完了の時制概念の違いなどをしっかり理解でき、 適切な時制で瞬時に応答が可能な時制会話力に焦点をあてたトレーニング です。

E-wave の「基礎会話トレーニング」は、発音矯正 1. 単語編、 2.文章編 と 3. 時制編 の3つのトレーニング主体のカリキュラムから 成り立っています。そして、この「きれいな発音で流ちょうに話せる会話力」をもって表現学が始まります。

 
     

このページのトップへ